3月2日この記事の執筆時点で、ビットコインは$62000前後で推移。
 昨日とほぼ変わらずヨコヨコ。
 今日も日足チャート考察と、気になるニュースをご紹介。

ビットコイン日足チャート考察

btc

 3月1日の日足は、コマ足陽線で引け。ローソク足的に様子見の展開。

 土・日はそれほど動きはないかな?

チャートツール:https://www.tradingview.com/

ビットコインニュース

ビットコインの今後の半減期は、仮想通貨のこれまでのサイクルとどう違うのか

https://www.marketwatch.com/

記事要約

1.ビットコインの半減期について
ビットコインの半減期は仮想通貨市場において強気のイベントと考えられ、ビットコインの供給量を制御するメカニズムで、2100万枚が上限。
ビットコインの半減期は約4年ごとに発生し、次の半減期は2024年4月19日に予定されている。

2.半減期と価格上昇の関連性
過去のデータによれば、半減期後の数か月でビットコイン価格が上昇する傾向があり、次の半減期も同様の期待が寄せられている。
仮想通貨投資プラットフォームのスワン・ビットコインの予測によれば、次の半減期は好ましい条件から利益を得る可能性がある。

3.供給と需要の影響
パンテラ・キャピタルのポートフォリオマネジャーによると、今回の半減期は供給側と需要側の双方に影響を与える初めての時期であり、ビットコイン上場投資信託が需要から安定した流入をもたらしている。
市場動向と価格上昇:

機関投資家の増加により、半減期前にビットコイン価格が過去最高に近い水準まで上昇している。
ただし、歴史的なパターンとは異なり、半減期前の2〜3カ月は比較的落ち着いているとの指摘がある。

4.ブロックチェーンの安全性向上
ビットコインのブロックチェーンは過去の半減期よりも安全になっており、ハッシュレートが過去最高を記録。
一部のマイナーが報酬が半分になることからオフラインになる可能性があるが、セキュリティ上の懸念は軽減される可能性がある。

5.マクロ経済状況と価格の不安定性
一般的に半減期は価値向上に寄与するが、不確実なマクロ経済状況下では仮想通貨価格が不安定化する可能性がある。
仮想通貨投資会社のCEOは、ビットコイン価格が新記録最高値に達する前に一定の調整が見られる可能性があると語っている。

yuunagi19的感想

 半減期は、、ビットコインの供給量を制御する仕組みで、次のイベントが4月に控えてます。過去のデータからは、半減期後にビットコイン価格が上昇する傾向があります。それが今回も期待されているってことは、投資家にとってはなんともポジティブなニュースですね。
 記事によれば、今回の半減期は特に注目すべきで、供給側と需要側の双方に影響を与える初の時期ってこと。ビットコイン上場投資信託も需要から安定した流入をもたらしているみたいです。
 機関投資家の参加も増えて、ビットコインは過去最高値に近い水準まで上昇しているってことです。

 だがしかし、歴史的なパターンとは違って、今回は半減期前の2〜3カ月は比較的静かな様子かもです。でも、ビットコインのブロックチェーンが安全性向上しているってのは良いニュースですね。
 半減期は通常価値向上に寄与するけど、現在のマクロ経済状況が不確かな中、仮想通貨価格が不安定になる可能性もあります。まあ、経済ってのはいつも予測が難しいものだし、今後の展開が楽しみですね。ビットコインの価格が新たな記録に達する前には、ちょっとした調整があることも想定が必要であします!

 投資は自己判断で。よき仮想通貨トレードを!!

投稿者: yuunagi19

yuunagi19がトレード、趣味・経験・体験したことを中心に書いています。 マイペースに更新するんで、よろしくお願いします。 日本株、FX、ゴールドのトレード経験あり。 現在は、仮想通貨をメインにトレード中!!