睡眠時に熱中症にならないために!

 数日前、寝ている時に暑くて目が覚めたら、汗だくで唇も渇いてるし頭痛もしたので、「これは熱中症(軽度)かな?」っと思ったので、睡眠中に熱中症にならないための対策をしらべました!(過去に類似記事あり

睡眠時に熱中症にならないための対策例

 今日からできそうな対策を2つまとめてみたので参考になれば幸いです!

寝室環境を整える

 夏場であれば温度約25~26℃、湿度約50~60%が理想だそうです。ちなみに冬場は22~23℃が理想のようです。

 昼間に天井や壁が日差しで暖められて、溜まった熱が夜になると放射熱になって室温が上昇してしまうので、適度にエアコンを使ってしっかり室内の温度管理をしましょう!

睡眠前にしっかり水分補給

 寝ている間は水分補給ができないので、睡眠前と睡眠後にコップ1杯の水分補給するようにしましょう!

 服装や寝具も涼しい生地のものに換えてみてもいいですね!

 寝不足になったり熱中症になると日々の生活がシンドイくなるので、しっかり体調・温度管理が大切です!!

投稿者: yuunagi19

雑記ブログなんで、自分が気になったことを記事にしていきます。 マイペースに更新するんで、よろしくお願いします!!